人気の高い整形施術|ボトックス注射を受けるメリットとは

看護師

注射の目的と部位

ウーマン

顔だけではない幅広い治療

ボトックスは、ボツリヌストキシンというタンパク質を薬として加工したものです。必要な部位に注射することで様々な効果を得ることが出来ますが、美容面でも大きな作用が得られるため、美容クリニックで活用されています。具体的な作用としては、筋肉を動かす神経を麻痺させて、その部分を弛緩させること。例えばシワは、筋肉が過剰に収縮して固まることで起きるものが多いですが、その筋肉をボトックスで緩めてあげると、シワも改善するわけです。日本の厚生労働省が認可している安全性の高い薬剤で、美容治療以外にも医療現場で活用されています。筋肉の過剰な収縮によって起こる障害はたくさんあるので、その緩和や改善に大きく貢献している薬剤なのです。美容治療として使う場合は、主に顔が中心となりますが、わきや手のひら、ふくらはぎなど全身に使うことが出来ます。注射器を使って患部に注入しますが、主な注入先は眉間などの目元や額、口元などです。目尻のシワやほうれい線など、深く刻まれるとなかなか改善は難しいですが、ボトックスが筋肉のこわばりを緩めてくれるので溝が薄くなります。また、食べ物を噛む時に使う咬筋が発達して顔が大きく見える場合は、ボトックスをエラに注入することで細い顎を作ることが出来ます。メスも入れずに大幅にフェイスラインを変えることが出来るのですから、非常に有意な治療ですよね。また、肩の筋肉に注入すると肩がほっそりしたり、しつこい肩コリの緩和になったりする場合もあります。筋肉の張ったふくらはぎに注入すれば、ダイエットでも効果が出にくい脚の部分痩せも可能です。わきや手のひらから大量に汗が出てしまう多汗症を抑える働きもあり、なかなか人に言いにくい悩みを解消することも可能。即効性があるわけではありませんが、徐々に注入する量をコントロールし、状態が安定すれば定期的なケアで維持することも出来ます。3〜4ヶ月ごとに通院して、定期的に注射するのが一般的。続けることで効果の持続時間もより長くなる場合もありますので、自分の体に合わせて最適な治療を受けましょう。